2009年08月14日

ナガサキノート 若手記者が聞く被爆者の物語

1945年8月9日午前11時2分から六十数年、今なお原爆は続いていると被爆者の皆さんは語っています。本書は朝日新聞若手記者が国内外の被爆者の体験を取材したものです。31名の方の体験が取材されていますが、31名の方がそれぞれの方が、思い思いに8月9日をむかえ、それからどのような人生を過ごしてきたか、31名の人たちだけでも31通りの人生がありました。

ある少女はハイヒールに憧れる女学生でした、しかし履くことはおろか結婚することすらあきらめ影のようにこっそり生きていくしかありませんでした。ある女教師は被爆間もない長崎の焼け野原で300名の中から生き残ることができた14名のために青空学級を開きました。ある被爆者は原子野で見た死屍累々が頭から離れず生涯悩まされ、ある医学生は器具すら不足するなか投下直後の爆心地で必死に救護活動を行い自らも被爆しました。ある在外被爆者は長崎の被爆後の長崎の復興を知らないで六十数年間をすごし、ある戦争捕虜は原爆投下が自由へのきっかけでした。

多くの人が、同じ原子野で助けられなかった家族や死んでいった人たちに後ろめたさを感じ、水を飲ませて死なせてしまったことで十字架を背負い、戦後には根強い差別のため口を閉ざしていました。この本で印象的なのは、多くの人の家族がせっかく生き残れたというのに原爆症や差別のために自殺していることです。特に女性に多く、長崎にいたということで結婚差別を受け、原爆症が伝染するというデマによるいじめにあってしまい多くの人が助かった命を自ら絶っているのです。さらに原爆症は被爆者の方々に様々な病気で現在まで苦しめ、長い間国の援助もないまま劣悪な環境と低賃金で生活し治療するしかありませんでした。いくら現代の人々の生活がひどいものだとしても、当時の被爆者たちの生活環境といったらこれ以上ない極限ともいえる過酷な環境だったのです。

多くの被爆者の方々は孫世代にあたる現代の若者の現状を知るにつけ、また平和から遠いこの世界の現状を知るにつけ死んだ者のために語らなければならないという思いが生まれたといいます。しかし実際には、被爆の実相を語る活動は困難が伴ったともいいます。学生の前で話せば物や野次が飛んでくる、署名活動を行っても今の若者は受けいれてすらくれない。それは被爆地長崎であろうが遠く離れた都会の街角であっても同じです。それでも時には涙をこらえながら語り部活動を行っています。それは身をもってした戦争の悲惨な体験を二度と起こしてはならないという真摯な思いからです。

現在までの原爆死傷者数は当時の長崎市の人口の3分の2にものぼります。最近まで続いていた原爆症認定訴訟は国が控訴を取り下げたとはいえまだ先は見えず、残された被爆者も大勢います。ある被爆者の方が言うように、被爆体験を生で聞ける機会は今生きている世代で最後ではないかと思います。年々被爆者の皆さんの高齢化は進みますますこういった機会は減ってきています。こうした本によって、また被爆者の方の生の声で体験を知るのは、戦争の実相を知り平和の重さを学ぶためには大変大切なことだとあらためて痛感しました。証言した方々にとっては話すのもご苦労したでしょうが、知らない世代にとってはとても貴重な体験談でした。

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協
長崎原爆被災者協議会

ナガサキノート 若手記者が聞く被爆者の物語 (朝日文庫)
ナガサキノート 若手記者が聞く被爆者の物語 (朝日文庫)朝日新聞長崎総局

朝日新聞出版 2009-07-07
売り上げランキング : 4257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ヒロシマ・ナガサキ 二重被爆 (朝日文庫)
報道局長 業務外日誌
いしぶみ―広島二中一年生全滅の記録 (ポプラポケット文庫)
いしぶみ―広島二中一年生全滅の記録
ヒロシマ・ノート (岩波新書)


web拍手

posted by hermit at 22:08 | Comment(2) | 回想録(本)
この記事へのコメント
こんにちは。Tucker といいます。

本カフェをさまよっているうちに、前から気になっていたこの本の記事を見つけたので、書き込みました。

最近、核武装などと言っている人がいますが、使ったら、もしくは、使われたらどうなるか、充分に考えて欲しい、と思います。
なんだか、その場の勢いだけで言っている人も多いような気がしてなりません。

最近の唯一の救いは、若い人にも人気のある福山雅治がラジオで、自分は被爆2世であることを発表して、広島・長崎のことを風化させないで欲しい、と言ったことですね。
Posted by Tucker at 2009年08月15日 17:04
こんにちはTuckerさん、どもです。
確かに昨今はそれだけ平和なのか
それともそれだけ危機的なのか、
核武装論なんてものまで言われていますね。
核についての議論それ自体は大切なことだと
思いますが(エネルギー事情とか含めて)、
このような被爆の実相というか戦争や
被爆というものかどんなものかは前提に
踏まえた議論になればいいなと思います。
ありがとうございます。
Posted by はーみっと at 2009年08月16日 04:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
カテゴリ
fx 比較
ブログパーツ