2010年10月23日

【コミックエッセイ】わが家の母はビョーキです2家族の絆編@中村ユキ

統合失調症で30年以上の闘病生活をほのぼのタッチで描いたマンガの第2弾です。本作は第1弾と比べてより母本人よりも家族のほうに焦点を当てた内容となっています。

前作のおさらいをすると、母子家庭で育った著者の視点で母の発症から陽性症状を経て様々な社会資源と出会うことで母の回復に兆しが見える場面で終わっていました。著者の母は発症から長期間医療につなげることができなかったために病気が重くなってしまったのは否めないところですが、著者はまだ幼く勿論病気の知識などなく、宗教やまたその他の民間療法に頼るが母の行動がエスカレートするに及び著者は医療の門を叩き、地域の様々な社会資源を活用することで光が見えてくるところまででした。つまりは発症から急性期をどう乗り切ったかを描いています。詳しくは下の1巻を読むことをおススメします。

わが家の母はビョーキです
わが家の母はビョーキです

ここで紹介する2巻では母の消耗期さらに慢性期と共に、著者の結婚という事態で家族にも様々な新たな難題が浮かび上がります。著者の下積み時代にマンガのアシスタントとして出会った今の夫は、現在は介護福祉士として幸いなことに福祉や介護についても理解がありました。婚約から結婚当初は母の病気のカミングアウトで悩んだということでしたが、夫はそれに理解を示し、同居もしてくれている。もちろん母のほうは新たな家族で動揺もみられましたが、そこは夫の的確な対応と著者の工夫で乗り切ります。何より今までの苦労や苦悩が夫婦という形で共に分かち合えるという喜びに著者は何度も夫に感謝したとか。
これは同じ統合失調症患者を持つ家族にとっては良き参考書になると思います。前作と同じくマンガのみならず様々な文献や参考資料も豊富となっています。以下に著者が書く、再発防止10か条がありましたので、引用させていただきます。

※わが家の再発防止10か条※

1.キチンと服薬しよう!
2.睡眠がとれているか確認しよう
3.ライフイベントには要注意(冠婚葬祭など・拙ブログ注)
4.疲れる前に休む!
5.体調が悪いときにはスグ受診!
6.病気の波を知ろう
7.お互い干渉しすぎない(いい距離感)
8.家族のストレス緩和を重視する
9.あせらずにゆったり構える
10.思いやりと共感と感謝をもつ


1巻では統合失調症を持つ患者に対しての対応ということに重点が置かれていましたが、2巻ではより踏み込んで家族としての統合失調症をもつ患者に対するアプローチが具体的に描かれていました。続編を期待するなら個人的にではありますが、育児や子育てをする中で、統合失調症をもつ家族の対応などを読みたいものだと期待しますが、こればかりは著者のみぞ知るというとこでしょう。

数ある統合失調症ケアに関する文献の中でも読みやすく参考になる一冊でした。

(参考)朝日新聞書評漫画偏愛主義:わが家の母はビョーキです(中村ユキ)

わが家の母はビョーキです 2 家族の絆編
わが家の母はビョーキです 2  家族の絆編中村 ユキ

サンマーク出版 2010-05-24
売り上げランキング : 3733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
わが家の母はビョーキです
統合失調症の人の気持ちがわかる本 (こころライブラリー イラスト版)
精神 [DVD]
日々コウジ中―高次脳機能障害の夫と暮らす日常コミック
統合失調症 正しい理解と治療法 (健康ライブラリーイラスト版)

web拍手

この記事へのコメント
この本を本屋さんでみつけた時の衝撃は大きかったです。
すぐに購入しました。
読んでびっくり。
中村ユキさんと私の境遇が
似ていること!
私も大阪にいたので近くに同じ状況の人が
いるとはと衝撃を受けました。
Posted by mimi at 2011年04月15日 19:44
コメントありがとうございます。

mimi様も同様の経験があるのですか・・
悲しいかなそういう方がもっと
たくさんおられるかもしれませんね。

この漫画は統合失調症という精神疾患を
初めて真面目に真正面から取り上げた漫画です。
以前はむしろ隠すのが当然でした。
そういう意味では少しずつこの病気に
日が当たるようになってきたのかもしれません。

mimiさんもご苦労されたのですね。。
恐らくこの漫画のように想像を絶するもので
あったのかもしれません。

どうぞmimiさんのご家庭にも
この漫画のような安定が訪れますよう
心よりお祈り申し上げます。

Posted by hermit at 2011年04月22日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
カテゴリ
fx 比較
ブログパーツ