2010年02月03日

しがみつかない生き方@香山リカ

本書は現在話題のカツマー対カヤマー論争の火付け役として話題になったものです。しかし、読んでみたところ勝間氏に対する言及は後半のひとつの章だけで、ほとんどがいつもの社会病理に対する香山氏の考察が書かれています。

恐らく世間で言われているところの勝間氏と香山氏の二項対立というのは、何も勝間氏の主張に対する反論というより、世間一般の人々における自己愛または成功願望や拝金主義また安易な自己啓発などに対するアンチテーゼという意味合いが強いように思います。

分かりやすく書くと、以前話題になった「勝ち組」と「負け組」というような、人を単純に勝者と敗者に分けるような考え方です。香山氏が本書で訴えるところとしては、人というのはそんなに単純なものではないということ。努力さえすれば誰もが、マスメディアで取り上げられるような成功者になれるとは限らない、さらには安易に自己啓発的な成功本により努力した結果、それによって心の不調をきたし最悪の場合「うつ病」になってしまう人もいれば、そもそも努力以前に障害を抱えた人たちや心に病を抱えた人たちなどのような、本人には全く非はないのに社会的弱者と呼ばれる存在になっている人にとって、このような考え方は、とても酷なことではないのかとしています。

そしてこのような自己啓発的な成功本には、もし成功できなかった場合の救済がないということです。つまりは成功できないのは努力が足りなかったためだと。つまりそこには自己責任という考え方があります。こうした考え方は、先に書いた本人ではどうしようもない環境にいる人たちにとっては、とても大きな重荷です。

現在では普通に働いてもいつリストラに遭うか分からない時代です。どんなに努力しても明日には職を失い非正規雇用で働いている人もいます。そんな普通の生活すら危うい時代にあって、マスメディアで取り上げられる成功者たちが必ずしも幸せなのでしょうか。普通に働いてとりあえず衣食住がまかなえ、たまに奮発して贅沢ができるような「そこそこ」の生き方でも十分なのではないのでしょうか。香山氏は、日々精神科外来に訪れる患者さんを診察するたびにそう思うそうです。

成功者の立志伝を読むと、誰もが憧れます。ですが、決して成功できていない人たちが不幸でもない。むしろ決して豊かではなくとも、日々の生活のなかでささやかな幸せを見つけて生きるほうが、もしかしたら幸福かもしれません。100%ではなく60%そこそこの努力でも、決して勝ち組になれなくとも、平凡で穏やかな生活こそ最大の幸福ではないのか、もしかしてメーテルリンクの青い鳥の寓話ではないけれど、幸福とは決して成功ではなく、身近な生活のなかにあるのかもしれません。

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
幻冬舎 2009-07
売り上げランキング : 350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
悪いのは私じゃない症候群 (ベスト新書)
大事なことは先のばしにしなさいー迷ってばかりのあなたがうまくいく32の法則ー
勝間さん、努力で幸せになれますか
なぜ正直者は得をするのか―「損」と「得」のジレンマ (幻冬舎新書)
出世する男はなぜセックスが上手いのか? (幻冬舎新書)

web拍手

posted by hermit at 10:41 | Comment(0) | 新書(本)

2009年11月12日

パンデミック・フルー襲来−これが新型インフルエンザの脅威だ

本書は二十数年前の横浜を舞台に事件記者が活躍するフィクションです。横浜で鳥インフルエンザが発生し、やがてそれが新型インフルエンザに変異したらどうなるか。人間は新型に対し、抵抗(免疫力)を持っていないから、あっという間に感染が拡大し、そのウイルスの毒性が強ければ強いほど大きな被害をもたらすという内容です。

ですが、現在流行している新型インフルエンザを下敷きにしています。神奈川県警記者クラブに所属する日々新聞やり手記者亮太を主人公にしています。県警内の記者クラブ内である情報を手に入れる亮太。ある一家3人が変死したという情報。そして一家の養鶏場の鳥の大量死。その2つの接点は新型インフルエンザだったというのが話題。亮太が専門家や検死官また研究者たちへの取材を通して新型インフルエンザがどんなものでどう広がりどういう対処と予防が必要かというものが書かれたものです。

まず新型インフルエンザは10年から40年周期で発生するといわれているといいます。過去にも分かっているだけで3回新型インフルエンザが発生しました。ひとつは1918年スペイン風邪そして1957年のアジア風邪そして1968年の香港風邪。スペイン風邪はスペインが発生源かと思われていますが、実はアメリカの農村地帯がその初発で、第1次大戦でヨーロッパへ出征した兵士から感染が広がったといいます。アジア風邪と香港風邪は共に中国は発生源だったといいます。また近代になり国際的な交通機関の発達により、こうした感染症の広がりはよりいっそう世界規模になったといいます。それが現在のA型やB型と分類されるインフルエンザです。

鳥インフルエンザ自体は人間への感染力は無いとはいえなくとも低く、ほとんどが鳥インフルエンザが豚に感染し豚から人へ感染するといわれています。例えば感染した野鳥が養鶏場の鳥と接触しその後、人が踏んだフンなどを媒介に豚へ感染する場合や、ダムや貯水池に感染した水鳥がフンをし、その水の病原体が豚に感染するといった場合もあるそうです。豚というは鳥の病原体と人の病原体をつなぐ病原体の変異を作り出しやすいのだそうです。

個人の基本的な予防法としては、ウイルスに対して抵抗力を強め、ウイルスに感染するのを防ぐことが大切で、それには日ごろから過労を避けて十分な睡眠と栄養バランスのある食事をとることです。深酒や暴飲暴食は抵抗力が弱まるため避けるようにします。そして帰宅したら必ず手を洗い、消毒液でうがいをすることもいいと書いてあります。

実はマスクはそんなに期待できないそうです。ウイルスは電子顕微鏡でしか見ることのできないほど小さいので、ウイルスをカットするにはマスクの網の目の相当細かくしなければならないので、医療用マスクはカットできますが、市販のマスクはそんなものは少ないし、目が細かいほど息苦しくなります。外すときには付着したウイルスに触らないように注意しなければならないから大変です。ですが、マスクがいいと言われるのは多量のウイルスを浴び感染の可能性を低くするという量の問題だからです。

パンデミックが起こった場合、スペイン風邪をベースに算出すると現在のようにワクチンが行き渡らないと、間違いなく感染は広がり続け、2500万人が医療機関を受診し、そして200万人が入院し64万人が死亡する可能性があります。これ以上になる可能性も否定できません。そうなると社会機能が麻痺し、病院は患者であふれベッドが足りなくなり、医師や看護士は過労で倒れるでしょう。従業員不足で電気、ガス、水道、通信、鉄道、バス、といったライフラインが滞り、食料品も製造や輸入が止まって足りなくなるかもしれません。銀行や行政の窓口も停止してしまう可能性もあります。そうなると経済的損失はGDPの4%に当たる20兆円という試算もあります。

また過去のインフルエンザのうち1957年のアジア風邪は、日本に入ってくると、5月から7月にかけて第1波の流行を起こし、9月から12月にかけて第2波の流行がありました。そこからすると現在はその第2波の真っ只中ということかもしれません。

現在の感染者数はウィキペディア(Wikipedia)によると、2009年10月26日〜11月1日に全国で新型インフルエンザに新たに感染した患者が推計で154万人、累計の患者数も585万人に上ることが2009年11月6日に国立感染症研究所から発表されています。

本書の予測はできれば外れてほしいですが、実際死者数が五十数人以外は算出数に迫っています。ただ、80歳を超える老人であろうが、ぜんそくや糖尿病などの基礎疾患(持病)を持っていようが、死亡したときに新型インフルエンザに罹っていたということだけでカウントされているのが現状であり、新型インフルエンザによる実質的な死亡者はさらに少ないと考えられるとのことで、これと死者数が極端に少ないことから判断すると、新型インフルエンザがほとんど害のない弱毒性であり、かつ、統計的なノイズにより「健常者が新型インフルエンザで死ぬ」という風説が広まっていることも同時に理解できるそうです。

本書では、パンデミックが起こった時点で物語りは終わっています。著者がその先を書かなかったのはそこに悲惨な現実があるのかそうでないか、今の現状を見ると冷静な対応が必要ですが、マスメディア等のいたずらなパニック報道と、楽観論と悲観論が交錯し予防が可能である病気ということを、新型インフルエンザのパンデミックを通したメディアや言説に示唆を与える内容だと思います。

パンデミック・フルー襲来-これが新型インフルエンザの脅威だ- (扶桑社新書)
パンデミック・フルー襲来-これが新型インフルエンザの脅威だ- (扶桑社新書)
扶桑社 2009-02-27
売り上げランキング : 341199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
新型インフルエンザ完全予防ハンドブック (幻冬舎文庫)
新型インフルエンザ上陸その時どうする?生き残りハンドブック
日本古代史 正解
豚インフルエンザの真実―人間とパンデミックの果てなき戦い (幻冬舎新書)
新型インフルエンザ―世界がふるえる日 (岩波新書)

web拍手

posted by hermit at 17:40 | Comment(0) | 新書(本)

2009年08月05日

名刀 その由来と伝説

いにしえの名刀。そこには古くからの伝説や、神話の世界にも遡る逸話の数々が秘められています。今回紹介するのはそんな名刀の逸話や伝説を紹介する一冊です。


刀剣というものには、独特の鑑賞方法があるそうです。それは刃渡りや、刃文など、骨董を鑑定するようなスペックが大半を占めるそうです。しかし、名刀の数々にはその由来や伝説となった数々のいわれがあります。


イザナミノミコトとスサノオノミコトが愛用した十握剣(とつかのつるぎ)。その十握剣を砕けさせるほどの威力を示した、天皇家の三種の神器、草薙の剣。ヤマタノオロチを十握剣で斬り殺したスサノオは、間をおくことなく尻尾に一太刀を浴びせる。ところが思いがけず刃が欠けてしまう。その尾の中に眠っていたのが草薙の剣だったのです。


このような逸話が、名だたる名刀に伝わっています。刀剣をスペックから鑑賞するのではなく、その由来や伝説を知ることで、なおのこと親しみを持つことができるようにと著者は本書の主旨を書かれています。


では、他にも有名な逸話をいくつか紹介したいと思います。「童子切安綱(どうじきりやすつな)」という名刀をご存知でしょうか。その異名の通り、京の都に近い丹波・大江山に棲んでいたと伝えられる鬼の頭目・酒呑童子の首を打った故事から生まれたものです。


平安時代中期、洛中で美しい娘を狙って人さらいが続発し、ついに貴族の愛娘が標的にされました。陰陽師の阿倍清明が占ったところ、大江山の酒呑童子だと分かります。事態を重く見た帝は勅令を発し、源頼光に討伐を命じます。


勅令を奉じた頼光は、渡辺綱、坂田金時、平貞道、平季武の四天王、そして藤原保昌と一族郎党をつれて大江山に向かいました。一党は酒呑童子の居館に潜入し、人には無害で鬼には猛毒の神便鬼毒酒(じんべんきどくしゅ)を勧めて、酒呑童子を酩酊させることに成功します。頼光は用意していた鉄鎖を眠り込んだ隙に巻きつけ、動きを封じたうえで、安綱作りの太刀を一閃。巨大な鬼の首を打ち落としたのでした。


鬼の首を打ち落とした童子切安綱と並ぶ名刀として、いわくつきの刀といえば「鬼切」でしょう。酒呑童子の逸話にも登場した四天王の1人、渡辺綱にまつわる名刀です。


一条大宮へ所用があり、渡辺綱を使いに出した源頼光は、帰りが夜半になることを心配して、用心のために髪切という太刀を貸し与えます。主君の用事をはたした綱は、ひとり帰途につきます。その途上、一条堀川の戻橋で行き合わせたのは、20歳ほどの美しくもの寂しそうな女性でした。


夜が更けて怖い、用向きのある五条まで送ってもらいたいとしきりに頼まれた綱は快諾し、見知らぬ女性に鞍を明け渡します。さほど進まぬうちに、実は五条には用はない、洛外の住まいまでお送り願いたいのですが・・・・と甘えられても「承知しました。どこまでもお住まいのところまでお送りいたしましょう」と即答しました。


ところが、女性の誘惑は恐るべき罠でした。突如として怪異な正体を現したのは、愛宕山に棲む茨木童子という鬼だったのです。色白の美女から凶悪な面相に一変した鬼は、剛毛だらけの腕を馬上より伸ばし、綱をつかむや空に駆け昇り、愛宕山のある方角へ向けて飛翔します。


対する綱はと見れば、すでに両手を刀にかけています。手練の一閃を振るって鬼の手を切断した綱は、北野天満宮の回廊に落下して事なきを得ました。綱をつかんだまま断たれた腕を残し、茨木童子は為す術もなく愛宕山に逃げ去ったのです。


このような話が豊富に納められています。最後にもうひとつ紹介する名刀は、みなさんも一度は聞いたことがあるかもしれません。この刀は、持つ者にふさわしい英雄譚というより、その呪いの凄みを感じるような逸話が有名です。


妖刀村正という刀を聞いたことはありませんか?この刀は、徳川家康とその一族に代々にわたって災禍をもたらしたというのが理由だったのです。


家康の出自は三河国の松平氏ですが、祖父の松平清康は合戦場の混乱のなかで、父の広忠は城中で乱心した家臣に襲われ、そして家康が期待をかけてやまなかった嫡男の信康は織田信長の意向でやむなく詰め腹を切らされたときの介錯と、いずれも村正作の刀にかかって不幸な死を遂げました。


家康自身も、今川氏の人質として暮らしていた少年時代に村正の短刀で誤って手を切ったことがあり、関が原の戦いの勝利後には槍でやはり指を傷つけています。それが村正の作と知った家康は席を蹴って去ったといいます。


徳川の天下となった後、全国諸藩の大名たちは村正の刀を持つのをはばかり、すでに所有していた者は口外を慎んだそうです。しかし、一般の武士、それも徳川幕府の存在を快く思わない者たちの間では大流行しました。


幕末を迎え、勤王の志士の間では村正が流行し、人気を当て込んで偽作も多かったといわれるそうですが、大枚を散じてまで入手したい者が後を絶たなかったのは、徳川一族に祟るという伝承を踏まえ、徳川の天下を覆すのに役立つ利刀と見込んだからに他なりません。


そんな村正は、生前の当時、南朝の後醍醐天皇を信奉して作刀に励んだ勤王鍛冶というべき人物でした。徳川将軍家にとっては妖刀でも、天皇家の権威を仰ぐ者たちにとっては、時代を超えた価値を持つステイタスシンボルだったのです。


総じてどの名刀にもこれらに引けを取らないほどの逸話をもち、それは時代の権力者に代々受け継がれ現在にまで残されているのです。幾多の戦乱へて今もなお受け継がれるのは、それが人を斬るための刀ではなかったためです。


ほとんどの名刀が権力者達の威勢を示すための象徴として所有されました。だからといって、単なる観賞用の刀剣ではありません。所有した権力者たちは、その名刀の切れ味を試すため、幾度も試し切りを行っています。


その方法とは死亡した罪人の体を何人切れるかという、現在では少しばかり残酷な方法ですが、この方法によって刀の価値は、その由来以上に価値を高めていったのです。


本書には、これらの国宝級の名刀の写真も載せられています。独特の刃文と、時代を感じさせる作り、平安時代の作刀は反りが無いのに対して、時代が進むとより実践用に作られています。


それと興味深いのは、実際の戦の中では、刀の価値はほとんど無かったというのです。平安時代は馬上で扱いやすい薙刀に近いものが使われていたし、源平の世には、刀よりもむしろ弓矢の方が実戦で使われていました。戦国時代になっても、刀は馬上より落下した際の接近戦用です。


最も多く使われた刀というのは、短刀です。足軽や雑兵は、敵将の首を切り落とすために常に短刀を持ち歩き、もちろん武士も脇差を携帯していたそうです。そのため歴代の権力者たちは、由緒ある名刀でも実戦でも使えるよう、短刀に作り変え常に身の回りに持ち歩くほどでした。


これら名刀の逸話には、作られた時代の権力者達の思惑、その権威や威光のために刀に対してどのような想いを託したのかが由来を通して伝わるようでした。そしてその威光を我が物にもとはやったその後の権力者たち。名刀はその由来もさることながら、時代を経て受け継いでゆく持ち主たちのドラマも相まってその価値を高めていくのでしょう。

名刀 その由来と伝説 (光文社新書)
名刀 その由来と伝説 (光文社新書)
光文社 2005-04-15
売り上げランキング : 54124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
剣豪 その流派と名刀 (光文社新書)
刀と真剣勝負―日本刀の虚実 (ベスト新書)
図解 日本刀事典―刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!
日本刀―日本の技と美と魂 (文春新書)
柴田光男の刀剣ハンドブック

web拍手

posted by hermit at 06:12 | Comment(0) | 新書(本)

2009年01月10日

禁煙セラピー 読むだけで絶対やめられる

1日100本のチェーンスモーカーだった著者が簡単に禁煙に成功したというその方法を記したベストセラーというか超ロングセラーです。何がすごいかって、初版が平成8年だったんですが、私が買ったものは、平成14年で何と!137版なんです!。内容を書くと、禁煙効果が無くなるので多くは書きませんが、読むだけでやめられると思わず、本気で読んでやめようとするある程度心構えが必要だと思います。

禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる (ムックセレクト)
禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる (ムックセレクト)
Allen Carr 阪本 章子

関連商品
ダイエット・セラピー―読むだけで絶対やせられる (ムックセレクト)
女性のための禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる (ムックセレクト)
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー (ムックセレクト)
あなたの心配グセを治す安心セラピー (ムックの本)
イラスト版 禁煙セラピー (ムックの本 820)
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 13:18 | Comment(1) | 新書(本)

娘に語るお父さんの歴史

戦後の出来事から白黒テレビまで、1963年生まれのお父さんが中学生の娘に自分を振り返りながら教えていきます。敗戦後日本は科学という未来を信じ、休む間もなく一気に突っ走ってきました。その結果世界第2位の経済大国となりましたが、多くのものを忘れ失ってしまったのも事実。現代に生きる若者に未来という希望はあるのかとの問いかけに、お父さんは語ります。信じることそれが未来であり幸せだと。お父さん世代の世相や風俗が分かりやすくていねいに書いてあり、読み物としても面白いと思いました。

娘に語るお父さんの歴史 (ちくまプリマー新書)
娘に語るお父さんの歴史 (ちくまプリマー新書)
重松 清

関連商品
さつき断景 (祥伝社文庫)
明日があるさ (朝日文庫)
みぞれ (角川文庫)
とんび
みんなのなやみ (よりみちパン!セ (01)) (よりみちパン!セ (01))
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 13:13 | Comment(0) | 新書(本)

「ニート」って言うな!

ニートって言葉がいかに本当の意味から離れ、違った意味でマスコミに作られていったかが分かりました。ニートの中にも失業者といわゆる引きこもりなど、何種類にも分類されるそうです。今までマスコミや評論家が言ってきたニート論にも一つ一つ丹念に反論しています。議論の整理として読めると思います。またマスコミのニート論がいかに恣意的なものかが分かる一冊です。

「ニート」って言うな! (光文社新書)
「ニート」って言うな! (光文社新書)
本田 由紀

関連商品
日本のニート・世界のフリーター―欧米の経験に学ぶ (中公新書ラクレ)
軋む社会 教育・仕事・若者の現在
ニート―フリーターでもなく失業者でもなく (幻冬舎文庫)
フリーターとニート
若者と仕事―「学校経由の就職」を超えて
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 13:11 | Comment(0) | 新書(本)

他人を見下す若者たち

「他人を見下す若者たち」と聞いてネットをするみなさんなら一度はこのような若者達に対する不愉快な経験があるのではないでしょうか?昨今のブログや掲示板の書き込みなど、一方的に他人の事を誹謗・中傷・蔑視し、まさに見下す者たちを分析・解説した1冊です。仮想的有能感という著者が作った造語が出てきます。実際に学校の成績が良いとかスポーツなどで評価されたとか、そういったことが無いのに根拠の無い自信をもち、なおかつ勝手に他人の能力を軽視する事で偽りのプライドを満足させる若者についての言葉です。著者は色々な方法で分析しています。若者たちを取り巻く環境、親の責任、集団から個人への移行など日本の文化は現在、西洋的な文化への移行期にあたると解説しています。自分自身を含め昨今の若者たちの1つの見方が分かりました。

他人を見下す若者たち (講談社現代新書)
他人を見下す若者たち (講談社現代新書)
速水 敏彦

関連商品
オレ様化する子どもたち (中公新書ラクレ)
人は見た目が9割 (新潮新書)
他人を許せないサル (ブル-バックス)
不勉強が身にしみる 学力・思考力・社会力とは何か (光文社新書)
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 13:09 | Comment(2) | 新書(本)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
カテゴリ
fx 比較
ブログパーツ