2009年01月02日

メルマガ・アフィリエイト帰宅後1時間で月5万円を稼ぐ@一瀬翔

メルマガ関連本はここでも平野友朗さんの本を中心に紹介してきましたが、本書は正直それらの本の域を出ない本でした。簡単に書けば、初心者向きの内容です。メルマガ関連本を読むのなら平野友朗さんの著書のほうがいいかもしれません。

ただこの本の著者の一瀬翔という方、アフィリエイトでも無料レポート系の方らしく、そのへんのノウハウは興味深く読みました。ただ、無料レポートや代理登録では、精読率の高い読者さんは望めないことを書いているのは良心的だと思います。それと、以外に相互紹介での読者獲得は精読率の高い読者が望めるそうでなるほどと感心しました。

他にも読者を惹きつける方法としてプレゼントを行うというものなど、なかなか面白いと思いました。アフィリエイトは掛け算ですから、どれが0になってもいけない、読者数が千だとしても1万だとしても、精読してくれる読者さんが大切なのであり、また選ぶアフィリエイトの種類も重要なのだそうです。

1人の人がアフィリエイトを利用して1回買ってくれても、100円よりは1000円のほうが、同じ1回でも収入は変わってきます。本書もそんな感じの基本を書いているのですが、著者の場合メルマガで5000万円を稼いだそうです。いわゆる先行者利益というやつですね。
無料レポート系のアフィリエイトをしている方なら参考になるかもしれません。それと特典として無料レポートがついているようです。

帰宅後1時間で月5万円稼ぐメルマガ・アフィリエイト
帰宅後1時間で月5万円稼ぐメルマガ・アフィリエイト
一瀬翔

関連商品
ほったらかしで副収入を月10万円増やすしくみ
寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ【CD-ROM付き】
ありえない稼ぎ方。
無料ブログSEOバイブル (アクセスアップ)
レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ【CD-ROM付き】
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 13:23 | Comment(0) | メルマガ(本)

2008年12月12日

『メルマガ』成功のルール あなたもメルマガを立ち上げよう!元手がいらない強力な宣伝

      《目  次》

          第1章  メルマガって何なんだ?
               〜メルマガに気づき、メルマガに出会う〜
 
          第2章  成功者に聞く メルマガ・成功の極意!

          第3章  メルマガ成功組直伝!
               〜これが成功するメルマガの作り方だ!〜

          
    〈読んで考えたこと〉

      今では創刊から1,000部発行や
      半年で10,000部突破など難しくなっていますが、
      この本ではメルマガがきっかけで脚光をあびた多くの起業家、
      いわゆる先行成功組に自ら発行するメルマガについての
      インタビューをしています。

      これからメルマガを発行しようとする読者に
      先輩達がアドバイスする形で話が進むため、
      ユニークなアイデアから使えるテクニックまで
      話は多岐にわたった内容です。

      そして一度は読んだことがある、
      有名メルマガの作家さんたちの
      メルマガに対する率直な気持ちや意外な素顔など、
      メルマガが身近に感じてきました。

      インタビュー一つ一つが長すぎも短すぎもせず
      テンポよく、進んで行くのでサクサクと読めました。

『メルマガ』成功のルール (アスカビジネス)
『メルマガ』成功のルール (アスカビジネス)
高橋 浩子

関連商品
行列のできるメルマガ作成入門
ファン(継続読者)が増えるメルマガ 消えるメルマガ (アスカビジネス)
メルマガ起業1年目の成功術
メルマガ×ブログ×ホームページで儲かるしくみをつくる本
<売上10倍!>小さな会社の最強メルマガ営業術
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 04:13 | Comment(0) | メルマガ(本)

2008年12月08日

メルマガで人気者になろう! 今日からはじめるメルマガ超入門

    《目  次》


          第1章  メルマガのしくみ
 
          第2章  こんなに楽しいメルマガライフ!

          第3章  もっと楽しむメルマガ作戦!

          第4章  メルマガをつくってみよう!

          第5章  よりよいメルマガにする心理効果!

          第6章  メルマガ起死回生の心理術

          

     〈読んで考えたこと〉

     2006年度メルマガ大賞に輝いた、
     人気メルマガ「セクシー心理学」の発行者であり
     精神科医のゆうきゆう氏のメルマガ本。

     構成や編集も中々凝った内容で、
     総読者数14万人を誇る著者だからいえる、
     メルマガのノウハウやテクニックの数々など。

     色んなノウハウ本では知ることができない、
     著者ならではのメルマガ術が、
     心理学をまじえて紹介されています。

     例えば読者増加の方法、
     苦情メールの対処法、
     相互紹介の裏技など、
     新しい切り口でテクニックを紹介しています。

     それと、やっぱり人気メルマガ作家だけに
     読み物としてだけでも面白い内容となってます。

    (表紙とタイトルで誤解されそうな本ですが)。

メルマガで人気者になろう!
メルマガで人気者になろう!
ゆうき ゆう

関連商品
行列のできるメルマガ作成入門
『メルマガ』成功のルール (アスカビジネス)
ファン(継続読者)が増えるメルマガ 消えるメルマガ (アスカビジネス)
<売上10倍!>小さな会社の最強メルマガ営業術
1億稼ぐ! メールマガジン私の方法 銀行口座380円が2億円になった理由
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 00:07 | Comment(0) | メルマガ(本)

2008年10月27日

「やり直し」のメルマガ営業術

      《著者紹介》
 
    1974年生まれ。北海道出身。筑波大学人間学類(認知心理学
       専攻)を卒業後、広告代理店勤務を経て独立。
       現在は、有限会社アイ・コミュニケーション代表取締役。
       日本で唯一のメルマガコンサルタントとしても知られる。
       自身が発行する「メルマガ成功法〜メルマガコンサルタントの
       稼ぐ思考」の読者は12万人を超える。
       

  《目  次》

  第1章 間違いだらけのメルマガ発行!

  第2章 意外と知らないメルマガ発行4つの基本

  第3章 ここだけは押さえたい!メルマガの書き方・送り方

  第4章 絶対に失敗しない!読者の集め方

  第5章 もうワンランク上のメルマガ活用術!


       
      《内容と感想》

  メルマガコンサルタント平野友郎さんの新刊です。
  メルマガコンサルタントとしての集大成だとして出版されたこの本、
  集大成だけにこれまでの平野友朗さんが知りえたメルマガの最新知識が
  豊富に出てきます。


  主にビジネスとして、メルマガを発行している人向きなのですが、
  充分個人発行者でも使える内容です。
  使えるというより、個人の発行者にとっては、
  プロが使っている情報がまる分かりでしばらくこの本は手放せませんね。


  この本でも従来道理、平野さんが提唱する
  「農耕型」のメルマガ運営についてもふれられていますが、
  何より今のメルマガの現状などはとても参考になります。


  メルマガを販促ツールやDM感覚で発行している発行者の多いことを、
  平野さんは危惧しています。
  このようなメルマガが手当たり次第メルマガを配信することで、
  最近のメルマガはスパム的な印象がついてしまったといいます。


  これはメールアドレス収集業者や、煽るような販促メルマガを発行する
  発行者にも問題がありますが、メルマガ自体の情報価値というものも
  低下している現状があるそうです。


  さらに「まぐまぐ」をはじめとする配信スタンドについても、
  転換期さしかかっているといいます。
  「まぐまぐ」で発行する限り、読者のメールアドレスリストがないため、
  配信スタンドに依存せねばならず、まさに配信スタンドに
  メルマガの命運を握られているようなものだと本書では語られています。


  そこで、この本ではメルマガの自社配信を提唱します。
  自社配信を軸に、様々な読者増のテクニックを駆使し、
  精読率の高いメルマガを目指すことが薦められています。


  読者増については、従来のやりかたしか現在のところないようですが、
  ステップメールなどを使った新たな配信方法なども紹介されています。


  平野さんのもとには、いまだにメルマガさえ発行すればお客がやってくるのか?
  との質問を受けるのだそうです。
  しかし、従来から言われているとおり、メルマガとブログやホームページ、
  最近ではミクシィなどを利用し、一点に集中させるのではなく
  まんべんなく利用することで集客することが大事だと書かれています。


  ちなみに、読者への特典として5つの無料レポートと
  無料メルマガ相談がついています。
  どちらも、本書に負けず劣らずの豊富な内容で、お得な内容でした。

「始めてみたけど効果がない」と思っている人の 「やり直し」のメルマガ営業術
「始めてみたけど効果がない」と思っている人の 「やり直し」のメルマガ営業術
平野 友朗

関連商品
「作ってみたけど効果がない」と思っている人の 「やり直し」のホームページ集客術
<売上10倍!>小さな会社の最強メルマガ営業術
ファン(継続読者)が増えるメルマガ 消えるメルマガ (アスカビジネス)
行列のできるメルマガ作成入門
コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組みー相手の本音を引き出すビジネスメール力ー
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 15:07 | Comment(0) | メルマガ(本)

2008年10月26日

メルマガ×ブログ×ホームページで儲かるしくみをつくる本

      《著者紹介》
 
    64年東京生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。
       「ふつう」のOL→派遣社員→フリーライターという
       道を経て99年に有限会社ティー・キューブを設立。
       代表取締役に就任。パソコン関連の書籍・雑誌
       Webサイトへの執筆を中心に、小さな会社の
       PCコンサル、メルマガとホームページの
       プロデュース等を手がける。
       現在「高橋浩子の日本一”お気楽“なパソコンマガジン」
       を毎週木曜日に配信中。
       

  《目  次》

  第1章 勝ち組企業のケーススタディ

  第2章 ノウハウ炸裂!達人に聞く
       メルマガ×ブログ×ホームページ活用法

  第3章 実践!最強“三つ巴技”大作戦



       
      《内容と感想》

  主に販促ツールとしてメルマガの重要性を訴えた本書は、
  メルマガを起点に読者をホームページへ誘導し、
  アクションを起こさせる。
  さらにホームページの補助的な役割としてブログを使い、
  企業情報や経営者の考えなどを掲載することで、
  消費者に安心感を与え購買意欲の向上をはかる。
  こんな感じのことが書いてありました。


  著者はセブン・イレブンメルマガのアドバイザーを行うかたわら、
  これまでにもメルマガ関連書籍を出版しています。
  本書では企業メルマガの重要性が訴えられています。
  依然として企業にとってメルマガがチラシやDMの
  ついでのような扱いなのは、顧客獲得に大きなロスになります。
  さらに、メルマガを発行しても外注し、
  自社配信でも商品内容や会社のこともまだ分からない
  若手ばかりに任せてしまうことで、メルマガの質が落ちてしまいます。
  外注するにしても、ライターにきちんと情報をあたえる。
  そして何より専門の担当者を決めるか、
  その企業のことをよく知る広報担当に書かせるべきだとしています。


  本書ではメルマガについて、多くのページがさかれていますが、
  最近はやりの情報販売系のメルマガでは、
  読者を煽りに煽って商材を売るという内容が多い中、
  本書で取材を受けているメルマガコンサルタントの平野友朗さんは、
  読者の購買意欲を煽る売り文句を使い続けるのは
  「劇薬」を使うようなもので、
  「劇薬」を使えば使うほど煽りはエスカレートし、
  やがてはメルマガ自体の内容も、
  読者数が先細りが見えていると断言しています。


  メルマガは唯一読者のメールボックスに飛び込み、
  読者のアクションによって売上げが発生するツールです。
  と同時に読者を育てていくのもメルマガの特色です。
  発行者と読者が情報を共有し、
  短期的(狩猟型)の売上から長期的(農耕型)のように、
  メルマガの目的を変えることで、
  読者がお得意さんになるまで育てることを目指すことが
  理想のメルマガだと語っています。


  この他にも企業メルマガのケーススタディとして「セブン・イレブン」
  「アサヒビール」の編集模様が取材されています。
  さらにメルマガ×ブログ×ホームページを活用している
  著名な起業家さんたちにも取材していますざっと紹介すると。


  トレンダーズ株式会社 代表取締役 経沢香保子さん

  WitH Ltd.日本代表 愛(マナー)コンサルタント 西出博子さん

  丸山行政書士事務所代表 有限会社丸山事務所代表取締役 丸山学さん

  ウィンビット代表取締役 メルマガ「ビジネス発想源」発行人 弘中勝さん

  集客クリエーター WeBデザイナー 原崎裕三さん

  有限会社アイ・コミュニケーション代表取締役 平野友朗さん

  久米繊維工業代表取締役 メルマガ「縁尋奇妙」発行人 久米信行さん


  以上のみなさんです。


  以上のみなさんから示唆されるメルマガ・ブログ・ホームページ
  それぞれの10のツボを書くと以下の通りになります。

  

  

    【メルマガ10のツボ】

  ※ メルマガはセールスの道具にあらず。メルマガは企業の顔。
    広報物のひとつだ

  ※ メルマガを作るには決定権のあるトップクラスの参加が不可欠。
    会社全体をあげて、一丸となって取り組もう

  ※ 社内に書き手がいなければ、外部のライターに頼むべし

  ※ 激しい売り文句は劇薬。危険。刺激が強すぎると後につながらない

  ※ ストレートなセールスは極力避け、商品にまつわる周辺情報を
    上手に届けるべし

  ※ 読者をあらかじめ絞り込むべし。
    広すぎるターゲットは効果も薄くなる。

  ※ 読者の中でもコアな2割向かって書くべし。
    濃い情報を送り続ければ、コア層の周辺層も反応し、
    コアがどんどん大きくなる

  ※ 結果をすぐに求めるべからず。3ヶ月くらいは・・・
    という長い目で見ることが大切

  ※ 定期的に届けることで「心のシェア率」を高めるべし

  ※ 目指すのは「ありがとう」と言われるメルマガだ


    【ブログ10のツボ】

  ※ ブログは日記にあらず。
    公開版営業日報だ!日々の活動を見せることで、
    お客様を安心&納得させる

  ※ ブログ活用は社外のみならず。社員・スタッフに向けての
    社内IRとしても効果的

  ※ オフィシャルな情報ではないので、気軽に始めることができる

  ※ 「舞台裏」を見せることで、お客様をファンにする

  ※ ブログは現代の「たのもし講」だ。 
    等身大で紹介しあうことで、良いPR効果が生まれる。

  ※ 大切なのはブログ三文法。仕事・紹介・ライフスタイルを
    バランスよく表現すべし

  ※ メールは1対1、ブログはn対n。
    点から面のコミュニケーションが可能に

  ※ 最初は無料のスタンドから始めよう

  ※  中小企業の社長こそ、ブログで熱い思いを語るべし。
    「その道一筋」で歩んできた社長の言葉が読みたい人は、
     たくさんいるのだ。

  ※ ブログは企業はもちろん、地域活性化にも貢献する


    【ホームページ10のツボ】

  ※ 「ホームページに何をさせたいか」、コンセプトを絞り込もう。

  ※ ホームページは資料置き場。あれもこれもやろうとしないで、
    「どんな販促資料を置くか」で考えるとスムーズに行く

  ※ ホームページはオフィシャルな「表の顔」、
    ブログは「バックヤード」。
    目的・用途に合わせてHTMLとブログを使い分けよう

  ※ 究極のSEO対策は「わかりやすさ」。
    テクニックを追い求めるより、ユーザビリティを追求し、
    「欲しい情報が載っているページ」を目指そう

  ※ メルマガとの連動は不可欠。メルマガは「きっかけ」。
    楽しい読者参加型の企画考えて、メルマガからホームページに来てもらい、
    じっくり情報を読んでもらうスタイルを作り上げよう

  ※ メルマガやブログも「ホームページのいちコンテンツ」と考え、
    読んでもらえて、なおかつ思わず登録したくなる「シカケ」を考えよう

  ※ 制作会社に頼むときは、ホームページの役割をきちんと伝えることが大切。
    ちゃんと話を聞いてくれて、具体的なアイデアを出してくれるところと付き合おう

  ※ 予算をかけたくないなら、テンプレートを利用しよう

  ※ 完璧を目指す必要はなし。情報は未熟なくらいでちょうどいい。
    逆に質問されるくらいのほうが、次への展開へつなぎやすい
  

  以上のように並べてみましたが、
  個人で運営している方でもたくさんのヒントがあると思います。
  よく考えてみると、今評判の社長さんたちのブログやホームページは
  紹介した内容のことは、すでに実践されていることが分かります。
  個人だと色々と限界もありますが、
  結局はメルマガ10のツボで紹介した「ありがとう」と言われることが
  一番だと思いました。

メルマガ×ブログ×ホームページで儲かるしくみをつくる本
メルマガ×ブログ×ホームページで儲かるしくみをつくる本
高橋 浩子

関連商品
行列のできるメルマガ作成入門
『メルマガ』成功のルール (アスカビジネス)
<売上10倍!>小さな会社の最強メルマガ営業術
ファン(継続読者)が増えるメルマガ 消えるメルマガ (アスカビジネス)
メルマガ起業1年目の成功術
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 15:08 | Comment(0) | メルマガ(本)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
カテゴリ
fx 比較
ブログパーツ