2009年01月03日

もえるるぶ東京案内

旅行ガイドブックとは、眺めるだけで楽しいものですが、今回紹介する本は、よりいっそう楽しめるガイドブックでした。

タイトル通り、この本は旅行ガイドブック「るるぶ」のオタク版です。秋葉原を中心に、コミック、フィギュア、メイドカフェといったオタク垂涎のスポットを、「萌え」をテーマに、愛らしいイラストなどで紹介しています。

秋葉原のみならず、新宿、池袋といった東京全域において、オタクグッズが手に入るショップや萌えスポットを紹介するという趣向です。

僕はよく知らなかったのですが、イラストレーターの「さくらなんこつ」という方と、「風上旬」という方がイラストを担当しているそうで、全編が可愛らしい、いわゆる「萌える」女の子が、お兄さんに東京を案内するという流れになっています。

実用的な面からいうと、これが至れり尽くせりで、秋葉原周辺で買い物、もしくは晴海の東京ビッグサイトなどのコミックマーケットに行った際、ついでに寄れる食事、宿泊所、近辺の観光名所など、きちんと紹介してくれています。キーワードはリーズナブル。安くて美味しい、安くて安心というところに視点がおかれているらしく、まさに読者の要求を充分満たす内容となっていると思います。

さらに、るるぶならではの交通アクセス情報や地図も満載。ショップについても、同人誌・コミック・フィギュア・ガレージキット・カード・ゲームといったカテゴリでフォローしており、細かく掲載されています。

東京には行ったことがない僕だけれども、眺めるだけでも面白く、普段よく耳にする「アキバ」というものの、雰囲気を味わうことができました。

それに、この種のガイドブックは、趣味と実益を兼ね備えた作りというか、製作者側の遊び感覚というか、そういうものを感じてしまい楽しく読ませていただきました。

もえるるぶ東京案内 2006年版
もえるるぶ東京案内 2006年版
みさくらなんこつ 高河 ゆん 風上 旬

関連商品
もえるるぶ COOL JAPAN オタク ニッポン ガイド (JTBのMOOK)
アキバのディープな歩き方 アキバBlog 2005
萌え経済学
アキバまにあっぷ
アキバ発メイドカフェ制服図鑑
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 14:33 | Comment(0) | 旅行ガイド(本)

2009年01月02日

京都おでかけ帖 12ケ月の憧れ案内

《著  者》  甲斐みのり 著                       

《出 版 社》  祥伝社 (ISBN:4-396-41084-0)

      《価  格》  1,365円(税込)

      《著者紹介》
       
       甲斐 みのり(カイ ミノリ)

       1976年、静岡生まれ。
       大阪芸術大学文芸学科卒業。
       1999年に、「女性の永遠の憧れ」
       「叙情あるものつくり」をテーマに
       雑貨ブランドのLoule(ロル)を、
       京都で立ち上げる。現在は東京で、
       雑誌や書籍への執筆、
       商品や企業イベントの企画・監修など、
       女性を対象にしたあらゆる活動を行っている
      
 
      《目  次》

       4月―京の4月はピンク色
       5月―乙女の祈り
       6月―夢みるくらし
       7月―夏への扉
       8月―京都読書紀行
       9月―憧れ、9月の花嫁
       10月―恋人写真
       11月―父と娘の京都デート
       12月―美味しい思い出
       1月―可愛い記憶
       京都買い物三昧
       京都に片思い


 綺麗になりたい、優しくなりたい

 恋し、恋され、添いとげたい。

 手をつなぎたい、眠りたい

 作った手料理食べてほしい。

 尽きることない話をしたり

 ときどきは、言葉がなくてよかったり。

 
 私の好きな、京都の橋の上からの眺め、

 この青い景色、見せてあげたい。

  
 同じ景色を見ながら、きっと思うの。

 あなたと会えて、よかったと。



 これはこの本の著者、甲斐みのりさんの
 「乙女の祈り」という詩です。
 今回ご紹介する本は、京都をモチーフに
 詩と散文がちりばめられた、可愛らしい作りの京都本です。
 もちろんガイドブックとしても有用な本書は、
 四季折々の風景と女の子目線の京都という、
 可愛くも微笑ましい京都案内になっています。


 内容が12ヶ月に分かれており、
 季節ごとのイベントや穴場はもちろんのこと、
 町家や神社仏閣まで、スタンダードな京都から、
 ガイドブックに載らない京都まで、
 12ヶ月それぞれの楽しみ方が紹介されています。


 もちろん、女の子目線での京都ですから、
 可愛い小物、お土産、おいしいごはんまで
 彼氏となら1度は行ってみたいという、
 女の子ならではの京都の楽しみ方も紹介されています。


 なによりアーティスト、デザイナーとして活躍されている
 著者の個性の溢れた一冊です。京都を知らない僕も、
 可愛い小物や写真をみたり、詩や散文を読むうちに、
 なぜだか懐かしいような気分になったり、
 ちょっとデート気分になってみたり、
 京都本というより上質なアーティストブックを
 読んでいるような気になります。


 恋愛だとかデートだとか乙女心などとは
 無縁な僕ですが、10代の頃を思い出すような
 淡い青春の頃を懐かしんでしまいました。


 最期にもう一つ、著者甲斐みのりさんの詩をご紹介します。


 京都に片思い


 “憧れ”は片思い。

 好きで追いかけ

 夢中になって手を伸ばしても

 届くことなく切なさを知る。


 京都という街に恋い焦がれ

 そんな気持ちを叶えるために、幾度も訪れ

 想いを打ち明けるように通りを歩く。

 けれどやっぱりさよならの

 ときは必ずやってくる。


 届かないから、追いかけて

 叶わないから、素敵なことも、あるのです。


 京都に永遠の片思い。

京都おでかけ帖―12ヶ月の憧れ案内
京都おでかけ帖―12ヶ月の憧れ案内
甲斐 みのり

関連商品
乙女の京都 (マーブルブックス)
クラシックホテル案内
乙女みやげ
甘く、かわいく、おいしいお菓子 (セレクトBOOKS) (セレクトBOOKS)
京都ご案内手帖
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 14:22 | Comment(0) | 旅行ガイド(本)

おんなひとりの鉄道旅

《著  者》  矢野直美 著                       

《出 版 社》  小学館 (ISBN:4-09-366396-3)

      《価  格》  1,575円(税込)

      《著者紹介》
       
      矢野 直美(ヤノ ナオミ)

北海道札幌生まれ。地元の情報誌編集部を経て
ライターとして独立。2000年より全国の
鉄道に乗って取材するフォトライターに。
アウトドア誌BE‐PALでは2002年より
「おんなひとりの鉄道旅」を連載
       

 久しぶりに旅の楽しさを感じさせる本を読みました。
 本書は雑誌「ビーパル」で連載されていた、鉄道紀行エッセイを
 まとめたものです。


 鉄道マニアの男性を鉄ちゃんと言うのに対して、
 女性は鉄子というそうですね。そんな鉄子の著者ですが、
 男性だと列車のスペックばかりに気を取られるのに対して、
 著者の視線は純粋に鉄道の旅を楽しむというものでした。


 風景を楽しみ、人とのふれあいを大切にする。
 もちろん、鉄道についてもきちんと取材しています。
 本書を読む方なら、1度は乗ったことがある路線もあると思いますし、
 もしかすれば、地元にあるおなじみの鉄道も登場するかもしれません。


 新幹線からトロッコ列車まで著者は、全国を巡りながら
 旅の良さをリポートしてくれています。
 中には現在廃線となった路線もあるし、廃線間近の路線もあります。
 現在、地方の小さな鉄道では、資金難から廃線の危機が
 叫ばれているそうです。しかし、そんな路線では地元の有志たちが
 必死に存続の活動をしています。


 女性のひとり旅というのは、大変なこともあるかもしれませんが、
 そんなことも感じさせず、駅員さんや乗客の1人ひとりと
 会話を交わし、旅の良さを味あわせてくれた本書。豊富な写真から、
 自然あふれる風光明媚な車窓の風景が、読む人に
 つかのまの旅気分を味あわせてくれます。


 鉄道旅行の良さをあらためて感じさせてくれた良書でした。
 またこんな本が読みたいです。

おんなひとりの鉄道旅 西日本編 (小学館文庫)
おんなひとりの鉄道旅 西日本編 (小学館文庫)
矢野 直美

関連商品
おんなひとりの鉄道旅 東日本編 (小学館文庫)
鉄子の旅写真日記
日本の鉄道 車窓絶景100選 (新潮新書)
鉄道の達人 (竹書房文庫)
すごい駅弁!(ナレッジエンタ読本12) (ナレッジエンタ読本)
by G-Tools


おんなひとりの鉄道旅 東日本編 (小学館文庫)
おんなひとりの鉄道旅 東日本編 (小学館文庫)
矢野 直美

関連商品
おんなひとりの鉄道旅 西日本編 (小学館文庫)
鉄子の旅写真日記
日本の鉄道 車窓絶景100選 (新潮新書)
鉄道の達人 (竹書房文庫)
すごい駅弁!(ナレッジエンタ読本12) (ナレッジエンタ読本)
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 14:03 | Comment(0) | 旅行ガイド(本)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
カテゴリ
fx 比較
ブログパーツ