2010年07月14日

超訳・ニーチェの言葉@白取春彦編訳

いわずと知れたベストセラー本です。最近読書から遠ざかっていたので肩慣らしのつもりで読んだのが本書でした。その本書ハードカバーで結構な厚み、重厚感漂う装丁など、いかにも哲学に親しみの無い方をその気にさせてしまうような作りとなっています。値段もそれらしく1700円。それが高いか安いかは読者諸氏にお任せしましょう。

さてニーチェという人物、これもいわずと知れた哲学の大家です。私もこの人の哲学書を本格的に読んだことはまだないですが、哲学者の中では読みやすいともファンが多いとも聞いたことがあります。

けれどもニーチェという人物に対しては、未だに賛否あるのが正直なところ、これほど大衆ウケするというのはいかに日本に哲学や宗教の敷居が低いかということが解る気もします。ニーチェという人物は徹底的に宗教を否定した人物でもあるからです。ですから、特に西欧諸国などキリスト教圏の国々など、または日本でもそういった宗教者たちの間では好き嫌いが分かれるところでしょう。

話を本書に戻すと、超訳となっていますが、言葉の一つひとつを検証はできませんが、本書の読みやすさの一種自己啓発的な言葉の数々は、超訳というより著者の意訳が含まれていないかという懸念をもちました。前述した通りニーチェはわりと読みやすいほうの哲学者といいますが、これほどではないと思います。それにこれほど自己啓発的な言葉を語ったのかというところにも疑問を感じてしまいます。

それと本書の感想を書くにあたって白取春彦という人物について調べてみましたが、拙ブログ「仏教『超』入門」などの宗教や哲学の入門書以外とりたてて著書を出しておらず、ネット上にもそれほど文献が見当たりません。プロフィール等も獨協大学の宗教・哲学科の教授というぐらいで見当たらず、この訳者がどれだけの業績を残しているのかについては不明でした。

改めて本書を読み返すと、人は自分に無いものを求めるように本書の中にも何かしら人生を指し示す言葉がちりばめられています。内容からすれば、ビジネスマンに持て囃されているドラッカーや松下幸之助等の自己啓発本とも似ていて読んでいて自分を奮い立たされる部分も多々あり、なるほどそういう類の本なのかということが解ります。だからこそ、私の感じた違和感、本書の意外なほどの読みやすさも納得できます。

ただ本書がベストセラーとなることで、願わくば本書やニーチェを通して広く哲学が受け入れられることになればと思います。

最後に様々な意味での戒めとして以下の言葉を抜粋します。

本を読んでも

本を読んだとしても、最悪の読者だけにはならないように。最悪の読者とは、略奪をくり返す兵士のような連中のことだ。
つまり彼らは、何かめぼしいものはないかと探す泥棒の眼で本のあちらこちらを適当に読み散らし、やがて本の中から自分につごうのいいもの、今の自分に使えるようなもの、役に立つ道具になりそうなものだけを取り出して盗むのだ。
そして彼らが盗んだもののみ(彼らがなんとか理解できものだけ)を、あたかもその本の中身すべてであるというように言ってはばからない。そのせいで、その本を結局はまったく別物のようにしてしまうばかりか、さらにはその本の全体と著者を汚してしまうのだ。


超訳 ニーチェの言葉
超訳 ニーチェの言葉白取 春彦

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010-01-12
売り上げランキング : 187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
人生と仕事について知っておいてほしいこと
座右の銘―意義ある人生のために
ニーチェ道をひらく言葉 (智恵の贈り物)
マンガ 財務諸表入門 新装版 (サンマークビジネスコミックス) (サンマーク・ビジネス・コミックス)
ゲーテに学ぶ 賢者の知恵



web拍手

posted by hermit at 16:55 | Comment(0) | 哲学

2010年03月29日

哲学入門@ヤスパース・草薙正夫訳

カール・ヤスパース(wikipedia)という哲学者は実存主義(wikipeda)の哲学者と同時に精神科医でもあったようです。本書は「哲学入門」ということで、私は簡単に哲学の入り口として読んだつもりでしたが、なかなかこれが素人の手習いでは一筋縄ではいかないものでした。アマゾンのレビューのほうが分かりやすいかもしれないけれど、これは哲学入門というより実存主義の入門といったものかもしれません。

哲学というものを学ぶためには、それこそ人によって違うものの一定のセオリーがあるようです。とても解かりやすい学び方についてアマゾンの本書の欄でこのような書き込みがありました。

範馬ぱき氏のレビュー(抜粋)
「僕は現在大学生で、哲学の講義のない大学に通って、
そこの図書館で独習で哲学に取り組んでいます。
ソクラテス以前の哲学者から始 めて、プラトンときて、
ショーペンハウアーにびっくりして、
そこからデカルトを経て、
そろそろ最近の人をかじってみようと手に とったのがこの本でした。
手にとった理由は、この人の『デカルトと哲学』という本を読んで
頭に名前が残っていたからというだけなのですが、
それにしても読んでよかった。
内容は一見難しいようですが、
用語の解説みたいなのが載っいてる本
(僕は岩波新書の『実存主義』を見ながら読みました)
を片手にやれば、難しいのはだいたい用語(現存在とか実存とか)だけ
ということがわかると思います。」


というふうにやっぱり基本はソクラテス以前から西洋哲学史にそって学んだほうが良さそうです。ですから、やっぱり専門用語の類などは前準備のない方には、それだけでつまづいてしまうかもしれません。例によって私もネットで用語を検索しながら読み進めました。

けれども本書は、ヤスパースのラジオでの講義を元に書かれていますから、割と口語体とも取れるし、他の哲学書に比べればまだまだ易しいほうではあると思います。内容としては形而上学や宗教そして〈神〉といったものについての考え方。そして〈世界〉と〈私〉という存在、また歴史とその流れの中にある〈私〉というもの、他にも入門ということで哲学することの意義や生き方などがあります。

興味深かったものが、結局ざっくり書くとすべての哲学の流れというものはソクラテスあるいはそれを記した弟子プラトンの解釈や注釈の歴史(あるいはそれにすぎない)というもの。そして哲学にとって〈神〉あるいは〈宗教〉というものが、批判あるいは否定の対象であるにもかかわらずそれらの土台が〈キリスト教〉という価値観と表裏一体となっていることから、一言では説明できないような哲学というもののジレンマがあるということです。何しろ我々が使う西暦というもの自体がイエス・キリストの生誕をもって基準とされていることでも分かります。冒頭に書いたように、ソクラテス以前から実存主義に及ぶまでの、ある程度のメジャーなところを押さえておけばすんなり読めると思います。あるいは現役学んでいる学生さんとかなら大丈夫かなとも思います。

哲学入門 (新潮文庫)
哲学入門 (新潮文庫)草薙 正夫

新潮社 1954-12
売り上げランキング : 120379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦争の罪を問う (平凡社ライブラリー)
不安の概念 (岩波文庫)
哲学入門 (ちくま学芸文庫)
死にいたる病 (ちくま学芸文庫)
自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)

web拍手

posted by hermit at 04:55 | Comment(0) | 哲学

2010年03月04日

【人肉食からロリコンまで】〈反〉哲学教科書@ミシェル・オンフレ

いやー参りました。これがフランスでは普通に高校教科書だというから二度びっくりです。思いっきり、哲学の見方が180度変わります。同じ哲学教科書ものには池田晶子さんの「14歳からの哲学」(拙ブログ)がありますが、それと比べると面白いです。池田版がストイックな哲学少年だったら本書は垢抜けた茶髪青年という感じかもしれません。それぞれに良いところもその逆もありますが、両方とも意図する意味や内容は同じなのに、著者や国が違えばここまで差があるのかと思うほどです。

まず目次だけ見てもらうだけでもそのぶっ飛びようが分かると思います。

目次
はじめに 年度の初めに、まず哲学の教師を火あぶりにする?
第1部 人間とは何か
(自然:サル、人食い、オナニーする人
芸術:デコーダー、モナ・リザ、小便器
技術:携帯電話、奴隷、移植)
第2部 いかに共存するか
(自由:建築家、幼児性愛者、インターネット
法律:規則、監督者、警察歴史:暴力、ナチス、ニヒリズム)
第3部 何を知ることができるのか
(意識:リンゴ、失神、精神分析、理性、酩酊、星占い、分別
真理:政治家、嘘つき、大麻)


著者のミシェル・オンフレはギリシャ哲学研究者であり教育者です。ですから、ギリシャとそれ以前の哲学の始祖たちから、近代の哲学者らの文献を本書の中で引用する形で、テーマに対する考察が行われています。

例えば、人肉食(カニバリズム)ついては、それが古代では命をつなく正式な儀式であったことに言及し、その時代の法律や価値観が我々にいかに固定観念を植え付けているのかが示唆されています。幼児性愛についても同じく、時代も国も法律も違えば、これらのロリコン趣味や同性愛なども同様に、その時代の価値観がそれを制限するとしつつも、ミルの自由論を引用し、いくらそのような性癖があったとしても、人はいかなる場合でも法は守らなければならず、逆に言えば法さえ守れば人はどのような形にせよ、その自由は守られなければならないという論考がなされています(※かといって薦めているわけでもありません)。そして現在の学校教育制度を扱った章では、校舎と監獄の類似を示した上で、ミシェル・フーコーのテキストを引用しながら国家からの管理と監視について言及しています。

この通り、〈反〉哲学教科書とありますが、〈反哲学〉教科書ではなく、既存の教科書に対するアンチテーゼとしての〈反〉哲学教科書なのです。タイトルや目次は少々釣りじみていますが、内容はいたってきちんとした哲学を扱ったものです。

現在の日本ではここまでざっくばらんに哲学が学べる環境なのか詳細は分かりかねますが、一番多感な時期にこのような教科書を読むことができるフランス学生と、日本の一般の学生ではずいぶんものの見方や考え方が違うのだろうなと思います。まず日本で教科書に採用するとしたら、本書のような内容より池田版哲学教科書のほうを採択するのは、日本的な価値観としては当然だろうと思います。

ですが、皮肉にも本書の内容のほうが今の10代の若者たちにとって、一番関心のある事柄ばかりだと思います。ここまで10代の実生活に即した哲学書が教科書になるくらいですから、日本と違って哲学という学問に対する親近感も相当高かろうと思います。

それに著者ミッシェル・オンフレの編集がまさに絶妙です。10代に関心がありそうな日常のテーマに対して、プラトンのイデア論、マキャベリズムの政治学、カントの道徳主義やヘーゲルの歴史哲学、そしてフロイトの無意識まで活用しつつ、あえて難解な専門用語を使わず平易な言葉遣いで説明されているからです。それでも哲学ですから、そこはかなり読むのに労力を使いますが、今から哲学を学ぼうとするなら、原書をあたる前に本書で紹介されている膨大な哲学者のテキストから、興味のあったものを選んで読んでみてもいいかもしれません。

最初は目次やタイトルのあまりの斜め45℃加減にやられてしまいそうでしたが、なかなかどうして日常生活と哲学の関係性もそうですが、目からうろこの連続です。帯にまたこれが「これを読んでもまだ哲学がつまらなかったらあきらめろ!」という挑発的な文句が書かれていますが、分からなくても大丈夫、むしろそういうプレッシャーを背負って読むよりは、哲学の面白さやその親しみやすさを感じるだけでもいいと思います。この先、もう少し哲学が分かってくれば本書を読み返した時、「そういうことだったのか」と思えると思います。

<反>哲学教科書
<反>哲学教科書嶋崎 正樹

NTT出版 2004-11-26
売り上げランキング : 232073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
哲学の教科書 (講談社学術文庫)
反哲学入門
反社会学講座
マンガは哲学する (岩波現代文庫)
哲学入門 (新潮文庫)

web拍手

posted by hermit at 00:49 | Comment(0) | 哲学

2010年01月07日

【実用的!】萌える☆哲学入門―古代ギリシア哲学から現代思想まで@小須田健

チャイナ服やメイド服やゴスロリっぽい服装の女の子が古今の哲学者と思想家を紹介していく内容です。萌え系のこういったシリーズは今まで手に取ったことが無かったのですが、いやいや侮る無かれ、これが意外と使えるんです。

萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~

本書は哲学者や思想家を見開き2ページずつで紹介し、左ページから解説すると、その哲学者をかなり写実的なイラストで紹介してあります。そして、まず「名言(魂のひとこと)」が太字で書かれていてこれがかなりインパクトがあります。そしてその下に簡単な生涯(略歴)の説明があり、さらには「生き様、死に様データ」まで載っています。哲学者の死に様というのは、それだけで1冊の本ができそうで意外と必見ですよ。

DSCN0266.JPG


見開き右ページはその人物の哲学や思想の理論を図やイラストで本格的に紹介しています。これがかなり分かりやすくて、最も評価できます。ちなみに案内役の萌え系女の子の一言コメントもついていてなかなかいいです。そしてその理論の応用編として現実の日常生活に置き換えてさらに分かりやすく紹介しています。ちなみにウィトゲンシュタインの言語哲学の応用を紹介すると以下。

「空気を読め」という言葉は、(物体としての)空気を分析せよという意味ではない。「場の雰囲気を読んで黙っていろ」とか、「場の雰囲気にあわせて意見にしたがえ」といった意味だ。これも典型的な「言語ゲーム」のひとつといえるだろう。


肝心の哲学者の人選ですが、入門書としてはだいたいの著名な人物は紹介されていると思います。ソクラテスやプラトン以前のピタゴラス学派などもだいたい網羅しています。中世もキリストからマキャベリはもちろん、近世のルターからニーチェ、マルクス、キルケゴール、カント、ヘーゲルなど、そして現代編ではベルクソンやフッサール、サルトルにハイデガー、フーコー、ラカン、デリダなど、さらに東洋哲学も紹介されていて、ブッダから孔子、老子、荘子、日本では空海や親鸞、本居宣長や西田幾多郎なども、それぞれが学派や人物相関図つきで紹介されています。全員の人数を数えてみるとざっと53人も紹介されていることになります。

巻末には参考文献や「哲学の読書案内」という本書で紹介した哲学者や思想家の入手可能な本がリストアップされています。本書は2009年6月30日が初版なので、恐らく今でも読書案内で紹介されている本はまだ絶版にはなっていないと思います。

本を開いて2時間もあれば読めますが、この本の使い方は一度だけ読むのではなく、手元に置いておき、難しい理論に当たってしまった場合にもう一度本書を読み返して、だいたいのことを理解し直すのにも便利です。本書ではかなり基本となる理論をさらに噛み砕いて紹介しているので、結構優れものだと思いました。もちろん女の子のキャラクターも文句なしです。

萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~
萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~小須田 健

大和書房 2009-06-20
売り上げランキング : 144158

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
科学がSFを超える日―萌え萌え未来科学講座―
星座・天文
戦国美麗姫図鑑
知識ゼロからの哲学入門
これならわかる! 哲学入門

web拍手

posted by hermit at 05:54 | Comment(0) | 哲学

2009年10月01日

超訳資本論

いやぁ・・・超訳ですが恥ずかしながら経済とは無縁の僕には難解な本でした。逆にこの本に超訳をつけてほしいなと思うくらいです。悪い意味ではないのですが、著者のあとがきで触れているように、経済学部の学生さんなどのある程度の知識レベルのある人向けだと思います。僕の場合そういうのはからっきしですので、本物の「資本論」も無理かなと困惑してしまいました。

まあ僕の紹介を読むよりはウィキペディア(Wikipedia)で予備知識を得たりしたほうが良さそうですが、僕なりに書くと現在の共産党や共産主義国ではなく純粋なマルクス主義として本書を読んでみた感想としては、至極まっとうな本だと思いました。

労働者と資本家を対比させ、いかに労働者が搾取されているか、またそれについてマルクスはどんな考えで如何にすれば良いのかそういうことについて資本主義を詳細に分析し、解体するように書かれています。純粋な意味では、この考え自体は間違いだとは思いませんでした。確かに共産主義を標榜する人が本書を未だに訴えるのも分かります。ただ、現実にいたってそれに色んな政治や思想が絡んでしまったことが問題だったのかなと思います。

もちろん僕は本書をプロレタリアの視点から読みました。ブルジョアの視点で読む人もいるでしょうが、僕は生まれてこのかたブルジョア的視点を持ちえたことは無く、どうしてもプロレタリアというかそういう視点で読んでしまいますね。

マルクスは、今頃世界は理想世界になっていると信じていたそうです。ですが、そうはなりませんでした。何故だかはみなさんのご存知の通りです。ですが、現在の不況もまた資本論を思わせます。

僕は普通に論壇誌の正論も読みますから一概に本書を読んで共産主義に宗旨替えするとかはないですし、マルキシズムに関する本を読んだのは本書がはじめてです。というか、右派も左派もちゃんと体系的に知りたいと思っていて、それで今回超訳ですが資本論とはどんなものだろうと読んでみたわけです。ちなみに僕は右派の愛国心や安全保障には同意していますし今回紹介した超訳資本論であった労働者の権利を守るような考え方にも同意します。自分では変人少数派とか言われているリバタリアニズムに少々傾倒しているところがあって、右派と左派の良いとこ取りみたいな考えを持っています。とりあえず今回の超訳資本論、難しかったけれどそこまで間違った本ではないのかななんて思いました。

超訳『資本論』 (祥伝社新書 111)
超訳『資本論』 (祥伝社新書 111)
祥伝社 2008-04-23
売り上げランキング : 15471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
超訳『資本論』第2巻-拡大再生産のメカニズム (祥伝社新書153)
超訳『資本論』第3巻 完結編-「資本主義」は、なぜ人々を不幸にするのか? (祥伝社新書154)
マルクスだったらこう考える (光文社新書)
ネオ共産主義論 (光文社新書)
マルクスを再読する―「帝国」とどう闘うか


web拍手

posted by hermit at 14:06 | Comment(0) | 哲学

2009年05月27日

「哲学の謎」読んだよ

東大の野矢茂樹教授の本だよ。
前に「雑談」のほうにちらっと書いたと思うけど、
対話で進むのでほど良いボケとツッコミ的な
かけ合いもあったりして面白かったです。
内容というのは恐らく分析哲学とか論理学だと思います。
僕らが使っている言葉にはじまり時間というものを考え
そしてこの世界を考えていくみたいな。
言語論理学も記号論みたいにも読めたなと思うよ。

全編日常会話だから難しさは感じません。
むしろ簡単すぎて誤解を生むかもなんて^^
でもこの本で油断したら後で泣くことになりそう(笑)
それくらい分かりやすくて簡単に読めました。
難しい専門用語もほとんどというか僕が読んだところでは
見当たらなかったと思います。

哲学の謎 (講談社現代新書)
哲学の謎 (講談社現代新書)野矢 茂樹

講談社 1996-01
売り上げランキング : 3373

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
無限論の教室 (講談社現代新書)
はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫)
ロボットの心―7つの哲学物語 (講談社現代新書)
時間は実在するか (講談社現代新書)
入門!論理学 (中公新書)


そうですねぇ・・・
日常生活の中で改めて考え始めると
ドツボにハマることってありますよね。
例えば林檎があるね。でもこの林檎はいつから林檎になったのだろうとか。
時間が止まったら僕がこうしてキーボードに手を動かした瞬間のまま
永遠に静止してしまうのだろうか・・・。だったらそれをまた動かすのは誰だろう。
いや、もしかしてこの瞬間に僕らも世界も誕生したのであって
それまでの歴史や記憶は僕らがそう思っているだけなのかもしれない。
歴史や記憶の証とされる書物も写真もこの瞬間僕らと共に
誕生したとはいえないだろうか。

なんて。
これはもしかして誰しもがふと思ったりしたことだけど
本気で考えはじめるともうドツボでしょう...。

こういうことのもっと深いのを体系だてて学問しているのが
哲学というんだなぁと思いました。

個人的に合わせて読んだらいいかなと思ったのは
14歳からの哲学 考えるための教科書
14歳からの哲学も平易な文章で書かれているから
哲学の入門としてはいいかもしれないね^^

どっちも生活に密着した所から哲学してるしね^^
哲学の謎はほんとかみ砕いて書かれているから
入門書的には入りやすいと思うな。
もし気になったったら一緒に入っていきましょう^^
web拍手

posted by hermit at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学

2009年01月10日

池田晶子「新・考えるヒント」

本書は小林秀雄「考えるヒント」(拙ブログ)と一連の著作集にそって書かれています。いわば小林と池田さんの哲学対話編です。

しかし、読めば読むほどに池田さんの小林に対する心酔っぷりがわかります。対話編というより、池田さんから小林へのラブレターのようでもあり、ご両人とも世間的には賛否あった存在ですから、どこか池田さんはシンパシーを感じたのかもしれません。

本書を読むには少しなりでも小林秀雄の著作を読んでおく必要があるでしょう。引用する小林についてあまり補足はありません。だけども、本書での小林に対する対話は、ほんと、ベタ惚れぶりがわかってしまうほどです。

私はそれほど小林をまだ読んではいないですが、池田さんがそこまでゾッコンにさせる小林秀雄という人物という人物に改めて興味が湧きます。

ゾッコンとかベタ惚れとか書きましたが、内容は至って真面目です。それなりにも学問しています。だけど、本書はどちらかっていうと、哲学系の女子がクラスで一番人気のある男子と妄想で会話しているような内容かも。「そうそう小林君の言うとおりね♪」「それ違うと思うわ、小林君♪」みたいな。それはちょっとこの本に失礼かもしれないけれど、そのぐらい池田さんにとって小林秀雄というのは憧れの存在なのだなと思いました。

しかし、一般にいわれる小林秀雄の魅力というのは、今に残る伝聞等では知っていますが、本書を読むとそれ以上に相当魅力的な男性だったんだなと思います。ちょっと本書を読んだ池田ファンの男性諸氏は、小林秀雄に嫉妬してしまうかも。

全く、小林秀雄という人は、その知識や名声以上に未だに人々を魅了する存在なんだなと思います。ほんと、罪に置けませんよ小林秀雄という人は。そういう私も小林に魅了された一人なんですけどね。

ほんと、ご馳走様でした!(なんつって)

新・考えるヒント
新・考えるヒント
池田 晶子

関連商品
睥睨するヘーゲル
2001年哲学の旅―コンプリート・ガイドブック (コンプリート・ガイドブック)
ロゴスに訊け
事象そのものへ!
考える人―口伝(オラクル)西洋哲学史 (中公文庫)
by G-Tools
web拍手

posted by hermit at 20:39 | Comment(0) | 哲学
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
カテゴリ
fx 比較
ブログパーツ